2014年02月04日

キムヨナがソチでも買収と八百長?浅田真央は絶対に勝てないと韓国関係者

image-070cc.jpg

バンクーバーオリンピックでのキムヨナさんのありえない得点から4年、今回のソチオリンピックこそは浅田真央さんに金メダルを取らせたい、そう思っている日本人は多いと思います。

しかし、どうやらそう簡単にはいかないようですね。

今回のソチでもキムヨナさん陣営は買収に八百長にと勤しんでいるようです。




<他国の審判も既に韓国寄り?>
今回のソチの審判団の中に韓国のコ・ソンフィという審判がいます。

このコ審判員は過去にも審判と言う中立的な立場を忘れて、「浅田真央は技術的に問題がある」と非難しています。

どうやらこの審判が他国の審判に擦り寄って色々と吹聴しているようです。

というのも、コ審判員はとてもコミュニケーションを取るのがうまく外国語が堪能です。コ審判員が色々とキムヨナさんの演技について説明したり良いところをアピールすれば、それが高得点に繋がると見ている韓国の関係者も多くいます。

ソチではどこの国がどれくらいの点数を出しているのかも注目ですね。


<浅田真央は絶対にキムヨナに勝てない!>
韓国では浅田真央さんがいくら素晴らしい演技をしようとトリプルアクセルを成功させようと、キムヨナさんの金メダルは揺るがないという見方をしています。

ある関係者は、4年前のバンクーバーでの記憶が関係していると言います。

「浅田真央とキムヨナは4年前と比べると、2人とも大人になり今大会ではいかに大人で優艶な演技を見せられるかが注目されています。そこで4年前の演技を思い出してみると、キムヨナのボンドガールは世界中で話題となり今でも覚えている人も多いはずです。方や浅田真央の演技はというと、トリプルアクセルくらいしか思い出せません。世界では浅田真央=子供、キムヨナ=大人という論調です。これが大きなアドバンテージになる。フィギュアは技だけではないのです。」

と話しています。

しかしこの発言は、キムヨナさんはジャンプなどの技術面に不安があるからこその考え方だとも言えます。

4年前は「まるで売春婦のようだ」と揶揄されたこともありますからね。

ソチでのフィギュアは韓国でも一番の注目競技となっています。

今度こそ浅田真央さんの金メダルを期待したいですね。

posted by 暇次郎 at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。